私の自動車購入体験談-高く売って安く買う事が最高です

過去に車を買取してもらったことがありますが、いずれも購入したディーラーで売買をしていました。最近15年乗った愛車を手放すことになったのですが、内訳を詳しく調べると0円の下取りでその上に手数料が要るのです。これが買い取り専門店だと査定0円の店もありましたが、いろいろ同業者を当たってみると3万円で下取りしてくれることが分かり、手数料の要るディーラーでの商談は止めて早速買取専門店との話を進めたのです。そこは車買取専門店DUNKで3万円で買い取りしてもらいました。

kuruma

値段の交渉はお店や担当者による

3万円と言っても廃車費用(15,000円)が要らない分結局5万円得する形になります。後でよく考えたら確かに車検が1年半ありまだ十分乗れる車が無料と言うのはあまりに酷すぎます。長年半年ごとに定期点検して事故もなく大事に乗ってきた愛車が0円と言うのはあまりに可哀そう過ぎます。せめて大事な車であったという証がほしくて3万円でも価値をつけてほしかったのです。その後この愛車が如何ほどで売れたかとの情報はありませんが、きっと高く売れたものと思います。自分の長年愛した車が廃棄処分にされることなく、どこかで活躍している姿を想像するだけで買取専門店で売却したことに満足しています。また次の新車を買う費用の一部になったことが嬉しいのです。ディーラーではどの店も製造から10年以上経った車は価値がなく査定をしないことになっているようで、あまりに現実的ではありません。車検にも合格し、これからも十分乗れる状態の車に値がつかないのは合理的ではありません。次から次と新車を作り出すより、古い車でも補修して点検して安全に快適に乗れるのならそれを使った方が経済的です。資源の少ない日本ではなおさらリサイクルや使い続ける工夫が必要です。あれほど省エネを叫んでいた声は一体どこへ行ったのでしょうか。そしてその考えは消えたのでしょうか。次から次へと新車を作り出す仕組みを改め、少しでも今乗っている車を十分使い切る・乗り切る方法を考えることも必要ではないかと考えます。今回初めて買取専門店で売ることができてそしてその車がまた有効に利用されることが分かってそのオーナーとしては嬉しい限りです。ディーラーでの下取りではその先が見えない。また今まで自分が大切にしてきたことが無になる虚しさ。それがここでの買取してもらったことで無駄死にはならず、生きたことになったのです。もう高齢だから新車は考えてはいませんが、今乗っている車はいつか乗れなくなったときには買取に出すことがあろうかと思います。その時でもディーラーに任せきりにするのではなく、こうしたできるかぎり高額で買取ってくれる買取専門店に依頼したいと思うようになりました。

愛着のある中古の車こそ高く売ろう

たかが中古の車だろうが、そこには長年乗ってきた愛着があります。お金の問題ではないが、かといって0円買取されたんではあまりにまだ十分乗れる車が可哀そう過ぎます。死にかけて車に再び活躍の場を与えてあげるのはやはりこのような買取専門店を利用するのがいいかなと実感として思います。たった一回の体験ですが、今まで何回かディーラーに下取りを任せていたことが悔やまれて仕方ありません。今後はじっくり調べて何社かある買取専門店で有利な交渉・商談をしょうと思っています。今はネットの時代、買取のお試しアプリもあるし、実際にアンケートに答えると親切に回答してくれる専門店も少なくありません。サービスの競争時代に入ったと言っても過言ではない今日、いろんな店に当たって自分の気に入った方法で愛車を買い取ってもらう方がいいかと思います。たった一回の買取体験なのにこれほど知恵がつくとは思っていませんでした。今後もこうしたことの知識をつけ賢い消費者になりたいです。

我が家を去っていた愛車との思い出

私は30代後半の主婦です。今年の2月に軽自動車を購入した時のお話をしたいと思います。

元々ミニバン一台所有の我が家でしたが、平日は主人が仕事で使用しているために私は何年も車のない生活を過ごしていました。平日の買い物は専ら自転車か徒歩ので行ける範囲で、特に車が欲しいとは思っていませんでした。しかしながら現在中学1年になった息子が私立中学に合格し、雨の日は最寄り駅までの送迎が必要になったこと、また小学5年の娘が中学受験のための進学塾に通い始めたために、その送迎を否応なくしなくてはならなくなったことなどの生活環境の変化によって、どうしても車が必要になったのです。
とは言っても息子の中学準備期間と重なり、あまりお金をかけたくなかった私。予算諸経費込で50万円以内でなるべく走行距離のいっていないお買い得な軽自動車を主人に探してもらうことにしました。

なかなか厳しい条件でしたが、実際主人がインターネットで検索してみると、近隣で購入できる条件に見合った車が数台ヒットしました。その中でも特に私が気に入ったのが近くの所沢市の信晃自動車という整備工場で掲載していた諸経費込み、車検2年付きで総額30万円、走行距離2.9万キロの2003年式の日産のピンクのモコでした。早速業者に電話をして車を見せてもらうことに。外装に小さな傷や塗料の剥がれた部分はありましたし、内装も多少古ぼけて使いこんだ印象はありましたが、思っていた以上にピンクの際立つかわいらしい車でしたし、30万円とはお買い得だと思いました。子供たちも気にいって、この車での送迎だったら楽しく通学・通塾できると大喜び。女性ワンオーナーの車で無事故車というのも安心感がありましたし、そこの社長さんが、もし売れなかったら自分の免許取りたての娘に譲ろうと思っていたということからも状態的にも悪くないことが立証されたようで、その場でキープしてもらうようお願いしました。

その週末に再度主人も一緒に最終的に車を見に行って、主人からのゴーサインをいただいて車の購入を決めました。契約書にサインをして納車の連絡を待つこと5日。整備工場も兼ねていることもあって、ばっちり整備して納車してくれた印象です。元々ついていたオーディオがMDデッキだったのでCDデッキに変えてくれたり、交換できるものはすべて新品や新古品に変えて納車してくれましたので、とても良心的な業者だと思いました。
あれから2か月ちょっと経過しましたが、私の足となりフルで活躍してくれています。よい業者と出会えたこと、この車の出会えたことに感謝しているこの頃です。

参考サイト⇒車買取の口コミと評判

2倍の金額で愛車を売却することができました

8年乗ったゴルフも最近ではあまり調子もよくなく「そろそろ買い替え時かも」と思うようになりました。
フォルクスワーゲンも気に入っていたので次はランクを上げて「パサートワゴン」にしようと思い、ディーラーで見積もりを取ってもらったのですが、予定していた金額よりもオーバーしてしまいました。
その時のゴルフの下取り価格は、同じメーカーのものを購入するという条件付きで「10万円」とのことでした。
走行距離も7万キロで、一度も事故をしたことがなくボディーに傷もついていないのですが、やはり8年となると査定金額は厳しいものでした。
妻に相談しても、「予算内で買える車しか駄目」と言われ「パサートワゴンはあきらめるしかないかも」と思い始めたところ、たまたま目に入った広告に「ボルボV50]が掲載されていて一目見て気に入ってしまい、妻に内緒でディーラーを訪れました。
実際に見てみるとますます気に入り、値段交渉の結果、我が家の予算内に収まるような金額だったため早速妻に報告し了承を得ることができました。
しかし、見積金額を見ていた妻が「ゴルフの査定額が7万円では安すぎる」と言い出しました。
確かに、フォルクスワーゲンでは10万円の値がついていたのが7万円になっています。
妻からの助言もあり、買取店に行って査定だけでも行ってみることにしました。
最初に行ったのは「ガリバー」です。
買取店は初めてだったので名前を唯一知ってたガリバーにしました。
30分ぐらいで査定が終わり出てきた金額はなんと「12万円」でした。
ゴルフは人気の車ということもありこのお値段だそうです。
この金額を聞いて何となく行けそうだと感じ、ネットで調べて近くにあった「アップル」にも行ってみました。
そこで、「ガリバーで12万円の値が付いたのですが、アップルではどうかなと思ってきました」とあえてライバルがいることを示唆しておきました。
すると、アップルもガリバーに負けたくなかったのか「14万円」の査定金額を出してきました。
ディーラーでの下取額の2倍の値段になったのに驚きました。
妻と相談の結果、最終的にはアップルで14万円で売却し、ボルボV50の頭金に足すことができて満足です。
今回の件で、車の売却を考えるときには、ディーラーで査定された結果に納得することなく一度は買取店に足を運ぶべきだと実感しました。

自動車保険の加入はドライバーにとって義務のようなものです。

自動車保険に加入することはドライバーにとって義務と言っても言い過ぎではないと思います。運転中にもし人をひいてしまい相手の方に障害が残り、仕事に就くことができないようなケガや病気になってしまったとなると、ドライバーは一生かかってもその方の生活を保障する賠償金請求がかかってきます。ドライバーがお金持ちならなおさら高額な請求をしてこられます。最悪相手の方が亡くなった場合になると、ドライバーは過失致死罪に問われ交通刑務所に入らなければなりません。。そうなると相手方の家族だけでなく、ドライバーの家族にも大変な迷惑がかかってきます。相手がケガがなく自分の車だけが損傷するような物損事故なら自費で修理できる部分部だけ修理すればすみますが、人身事故の場合は人の命がかかわってくるので、到底自分で払いきれる額ではない金額が請求されてくる可能性が高いです。そういった万一の場合を想定して自動車保険に加入する必要があるのです。単なる接触事故でも自動車保険に加入していると保険会社が間に入って代わりに事故処理を行ってくれるので、相手ともめることもなくスムーズに事故処理を行ってくれます。事故は本当に怖いです。一歩間違えると相手の家族そしてドライバーの家族にまで悪影響を及ぼします。それらをうまく解決してくれるためにあるのが自動車保険です。

免許を取得して早25年、無事故無違反でした。
そんなわけで、自己など自分には無縁のものであるから自動車保険の保障も最低限度でよい、と考えていました。
ところが一昨年のこと、優先道路走行中に車の側方に衝突される事故に巻き込まれてしまいました。
明らかに相手に否があると思われる事故でしたが、相手が非を認めずあることないこと自分の保険屋に吹聴するようなタイプでした。
こちらも証拠があったわけではなく、弁護士特約などにも入っていなかったため、これ以上長引いてもいやな思いをするだけだと思い、
かなり不利な条件で示談が成立しました。
それに懲りて、翌年からは弁護士特約を始め、無保険車保障、弁護士特約など様々なオプション設定をしました。
翌年、なんとまた事故に遭いました。今度は飲酒のセンターラインオーバーと言うどう考えても相手にしか過失がないと思われる事故でしたが、
それでも相手はやはりこちらの非を認めさせようとしました。
今度はこちらの備えも万全なので、強気に出たところあっけなく過失を認め10:0の過失割合を勝ち取ることが出来ました。
事故に遭わないような運転を心がけるのは当然ですが、万一の場合に備え充分な保障内容で契約することが大切だと学びました。

キッカケは私の父親の定年でした。

私の父親はJAの職員でした。ですから自動車保険は勿論、生命保険や定期預金等JAが扱う物はすべてJAを利用していました。
私の実家は農家でJAには本当にお世話になっていましたので、その点は良かったのですが、JAの自動車保険に加入している私の知人が県外で事故をしてしまい、JAの保険の弱い所を見てしまいました。保険料もJAは安くて良いのですが、保証内容を詳しく見てみると、民間の保険会社さんに劣っている事も分かりました。
父の定年の待っていた訳では無いのですが、妻の親友のご主人があいおいニッセイ同和損保の外交員だったので、1度相談して見ました。すると保険料はJAより若干高いのですが、あいおいニッセイ同和損保の保証内容がJAよりかなり充実していました。
特に事故に遭ってしまいホテルに泊まらないといけなくなった場合のホテル代の保証やJAFと同等のロードサービス等JAよりあいおいニッセイ同和損保の方が、かなり良い印象でした。
父もJAを定年し、専業農家で頑張っていたのですが、体調を崩し農業が出来なくなりました。
そこで、JAの自動車保険からあいおいニッセイ同和損保の自動車保険へと切り替えました。
それから7年近く経ちますが、1度も事故を起こしておらず本当の所は分かりませんが、手厚い補償内容の自動車保険に加入していますので、安心して運転する事が出来ています。

外回り営業をしています。自動車は毎日乗っていますので、保険は必須です。
車はアクセラスポーツ ツアリング の白、新車で購入しました。
会社の割引が受けられる契約で東京海上日動の保険を契約しました。
25歳以上、自分限定、対人対物無制限月に15000円ほどでした。等級は6です。
昔と違い、事故を起こすと相手の車に対しては無制限で保証が出ますが、自分の車に対してはある程度の額(五万円ほど)は自己負担になります。
先日、交通事故を起こしました。交通事故といっても駐車場で少しかする程度。
早速保険会社に処理を依頼しました。
ただ今回はお互い怪我がなく、相手の車のプラスチックの部位をかする程度だったので、修理費を聞いて、保険を使うか使わないか判断してから処理をする事になりました。
保険を使うと3等級階級が下がり、保険料が上がります。
だったら上がる分と自己負担と小さくなる方を取ればいいと思ったのです。
怪我がある場合は保険に任せてしまった方が面倒ではないと思います。
修理費は1400円程度でした。まだ結果は出ていないのですが
相手が借りたレンタカーがあるので、その代金を含めると7万円程度だと思います。
むこう3年間の保険料アップ分を考えると、自腹で払ってしまった方が安いので、そうしました。

ネットオークションで初めて中古車を買ってみたものの・・・

今、私はSUZUKIのエブリーに乗っています。この車は、ネットオークションで17万で落札した中古車なんです。ネットオークションって写真だけだし、不安もありましたけど、安いという魅力とどんな感じで買えるのかという興味もあって試してみました。実際、これにしようと決めて、出展している方が個人ではなく、SUZUKIの中古車専門店だったので、安心しました。
電話の対応も良く、スムーズに話も進めていざ実物を見て決めようと千葉県の野田市まで行ってきました。実際に見て写真通り、綺麗で、値段の割には全然いいな〜と感じました。試乗もさせてもらって、起動も確認して安心出来たので、気分も良く買ったんです。そしてそれから、手続きなどして納車日を迎えて気分もウキウキだったんです。まぁ〜問題なくエンジンも調子良く走っていたんです。一週間くらいたって、ふと後部座席の窓を開けようとしたら・・・開かないんです。しかも一箇所だけ、なんで〜こないだは、開いたのに。信じられないって思いました。買ってまだ一週間なのに〜ってまた次の日試したら、なんと動く‼︎なんじゃこりゃ〜接触の問題か?まぁ〜中古車だからな〜なんて妥協はしたんです。実際、今だにうまく動く日、動かない日が多々ありますが良しとしたんです。

それから、窓とはうまくお付き合いをしていく事にして、それ以外は問題なく使う事2〜3週間くらいたったある日です。

私のエブリーの後部座席のドアはスライドドアなんですが、これを開けようとしたら、一回ですっと開かず2、3度ガチャガチャっとした瞬間です。ドアノブが、バキッ‼︎って取れたんです。

まさか!ありえないでしょ〜私の力程度で折れちゃうの〜⁈勘弁してよ〜って感じでした。さすがにこれは中古車だからね〜なんて思えるはずもなく、けどここでネットオークションの残念なとこです。ノークレーム、ノーリターンです。本当、へこみますよ。でも、これでへこむのは、まだ早かったです。後日、なんと反対側のドアノブもやってしまったんです。愕然としましたね〜もう笑うことしか出来なかったです。ドアノブ2つとも取れるってなに?って思いましたね〜。ネットオークションは、悪いとは思いませんが、中古車を買うって事は、こんなにリスキーなのか、私がついてなかったのかはわかりませんが、時間差でこんな壊れ方するのは、勘弁して欲しいと思いました。そして、もうドア2枚とも直す気持ちなんて全く湧かなくなったので、今だに故障中で乗っております。次、買え替える時は、中古車は避けたいなと思います。

理想の車オデッセイrb3を手に入れた!

私が、オデッセイを購入したときの体験談です。オデッセイに乗る前はタントXスペシャルに乗っていました。何故車を買い替えようと考えた理由は子供が生まれ家族が4人になり、軽自動車では手狭になってきたのがきっかけでした。車両保険は入るべきと言われたので買う前に一括査定サイトで吟味をしました。

そこで何を買おうかと妻と相談したところ、やはり荷物も載って7人乗れるミニバンがいいのではないかという話になり、早速次の休日はトヨタのディーラーに行くことになりました。休日は開店からトヨタにお邪魔しました。ミニバンを見に来たことを伝えて、担当の方が2台ピックアップしてくれました。その2台というのは、ヴォクシーとアルファードでした。たまたま両方試乗出来るとのことだったので2台とも乗ってみることにしました。まずはヴォクシー。タントに比べたら当然室内も広いですし、子供たちも大はしゃぎでした。ただ、運転している私は250万も出してこの程度の走りかと運転する楽しさに物足りなさを感じました。次にアルファード。これは2列目シートに乗っていた妻が大絶賛。乗り心地が抜群で室内も広いし完璧だといっていました。私も2列目シートを体験してみたかったです。家族の評価はとても良かったですが、運転していた私はやはり物足りない。そして、アルファードは値段が高い。見積もりを出してもらったら500万近くいきました。これに500万は出せないと思い、その日は検討するといった形でトヨタをあとにしました。家に帰り、やはりミニバンに運転の楽しさを求めてはいけないのだろうかと少し落ちこみました。翌日、職場でこの話をすると後輩がオデッセイならもう少し理想に近くなるのではと教えてくれました。しかし、その時の私のオデッセイのイメージはヤンキーみたいな若い子達がちょっといじって乗る車みたいなイメージがあり、あまり気乗りしませんでした。とりあえず、見るだけならとその日の仕事終わりにホンダのディーラーにその後輩とオデッセイを見に行きました。間近に見たら、エクステリアも悪くなくヤンキーの車という感じはノーマルであれば全く感じませんでした。試乗させてもらえるたので、運転してみるとこれが想像以上に楽しい。スポーツタイプのアブソルートに乗ったですが最高に気に入りました。これがミニバンかと思うぐらい走りました。すぐに妻に電話して、家が近所であったので見に来てもらいオデッセイをしようと説得することに成功し、すぐに購入の手続きをしてもらいました。オデッセイは7人乗りでありながら運転も楽しめるとてもいい車です。購入して本当に良かったと思っています。

車両保険は入るべき?

車両保険は入るべきなのかどうなのかこのサイトは車両保険には入った方が良いのかどうか具体的に解説していくサイトです。

 

現代社会において、車は色々な手段に活用されており、車を所有する場合には、ユーザーの好みや企業の業務用途によって使い分けられます。

しかし、自動車は長期間運転していますと、次第に機能面やデザイン面で時代遅れになっていきます。

新しい車を購入する為には、現在所有している車を売却したり、下取りに出すのが有効です。

中古車市場でのニーズは常に変動しており、消費者が必要とする車を買い取ってもらう為には、市場ニーズを把握しておく事が大切です。

中古車業者は、現在、様々な買取の仕組みを用意しており、車一括査定サービスに参加するケースもあります。

また、車オークションを活用するケースもありますので、従来よりも幅広い車種を買取に出せる環境が整っています。

最新モデルの車や人気高い車は、高値での買取が行われるケースが多いです。

更に、メーカー推奨のオプションを搭載しているのであれば、査定時に査定額を引き上げてくれる事もあります。

中古車市場での車の価値を知る手段としては、車一括査定サービスを使って、複数の業者に査定を行ってもらうのが良いでしょう。

複数の業者に査定を行ってもらうメリットは、より条件の良い業者を探し出せる事です。

車一括査定サービスを行っている業者は増えつつあり、複数のサービスを使って条件の良い業者を探すといった事も可能です。

無事に業者を見つけたら、査定や買取の時に必要となる車検証や自賠責保険証明書や自動車税納税証明書などの書類を揃えておきます。

車のクリーニングを行っておきますと、汚れや傷などによる査定時の減額のリスクを避けられるでしょう。

自動車は、業者に買い取られますと、車のチェックを行った上で業者が中古車として販売していきます。

商品となりますので、査定では、エンジンやホイールやボディなど様々な所を確認し、車としての価値があるのかをチェックしていきます。

査定額が減額になる要素を減らしておく事で、車の本来の価値を維持したままで高値で買い取ってもらえるようになるのです。