キッカケは私の父親の定年でした。

私の父親はJAの職員でした。ですから自動車保険は勿論、生命保険や定期預金等JAが扱う物はすべてJAを利用していました。
私の実家は農家でJAには本当にお世話になっていましたので、その点は良かったのですが、JAの自動車保険に加入している私の知人が県外で事故をしてしまい、JAの保険の弱い所を見てしまいました。保険料もJAは安くて良いのですが、保証内容を詳しく見てみると、民間の保険会社さんに劣っている事も分かりました。
父の定年の待っていた訳では無いのですが、妻の親友のご主人があいおいニッセイ同和損保の外交員だったので、1度相談して見ました。すると保険料はJAより若干高いのですが、あいおいニッセイ同和損保の保証内容がJAよりかなり充実していました。
特に事故に遭ってしまいホテルに泊まらないといけなくなった場合のホテル代の保証やJAFと同等のロードサービス等JAよりあいおいニッセイ同和損保の方が、かなり良い印象でした。
父もJAを定年し、専業農家で頑張っていたのですが、体調を崩し農業が出来なくなりました。
そこで、JAの自動車保険からあいおいニッセイ同和損保の自動車保険へと切り替えました。
それから7年近く経ちますが、1度も事故を起こしておらず本当の所は分かりませんが、手厚い補償内容の自動車保険に加入していますので、安心して運転する事が出来ています。

外回り営業をしています。自動車は毎日乗っていますので、保険は必須です。
車はアクセラスポーツ ツアリング の白、新車で購入しました。
会社の割引が受けられる契約で東京海上日動の保険を契約しました。
25歳以上、自分限定、対人対物無制限月に15000円ほどでした。等級は6です。
昔と違い、事故を起こすと相手の車に対しては無制限で保証が出ますが、自分の車に対してはある程度の額(五万円ほど)は自己負担になります。
先日、交通事故を起こしました。交通事故といっても駐車場で少しかする程度。
早速保険会社に処理を依頼しました。
ただ今回はお互い怪我がなく、相手の車のプラスチックの部位をかする程度だったので、修理費を聞いて、保険を使うか使わないか判断してから処理をする事になりました。
保険を使うと3等級階級が下がり、保険料が上がります。
だったら上がる分と自己負担と小さくなる方を取ればいいと思ったのです。
怪我がある場合は保険に任せてしまった方が面倒ではないと思います。
修理費は1400円程度でした。まだ結果は出ていないのですが
相手が借りたレンタカーがあるので、その代金を含めると7万円程度だと思います。
むこう3年間の保険料アップ分を考えると、自腹で払ってしまった方が安いので、そうしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です